小平神明宮

八雲祭

小平神明宮 八雲祭とは

八雲祭

小平神明宮 八雲神社祭礼 八雲祭

毎年、四月最後の土曜・日曜の2日間執り行われます。

八雲祭(宵宮祭)  八雲神社は東側の末社にお祀りされ、神様は「健速須佐雄命(たけはやすさのおのかみ)」様です。清く正しい御性格で神力が強く、人々を病気や災難・自然災害はじめ、よろずの苦しみ・不幸から救済し、安全・幸福へとお導き下さる、悪疫退散・人命救済の御神徳をお持ちです。  4月第4週の土曜夜は、暗闇の中で八雲大神様を神輿にお遷しする厳かな神事が行われます。そして九基の萬燈が神社に集まり、市民による露店も沢山出て、境内は賑わいます。

  

八雲祭(神幸祭)  神幸祭(しんこうさい)は、渡御(とぎょ)とも言い、御神殿に鎮座されて動かれることのない神坐がこの日は特別に神輿という乗り物に乗られ、人々の肩に担われ、神人一体になって街々を練り歩く、日本の祭の中でも最も親しみ深い形態です。  八雲御幸祭はその昔、氏子中に病気が流行した際に、八雲大神の御神体を神輿にお乗せして氏子中を廻ったのが初まりです。大神様の御神威を身近にいただいて、悪疫・疫病の退散を願ったのです。  お先祓いの太鼓を前に、大神輿を氏子や小川睦会会員を始め応援の方々が担って、早朝から1日かけて延々14kmに及ぶ氏子区域を練り歩き、氏子各組の「お仮屋」ごとに神事を行います。   我国の伝統文化である“神人和楽”の祭礼にご理解とご支援をお願い致します。

八雲祭神輿巡行路(概略図)

八雲祭神輿巡行路

令和六年度版

詳細についてはこちらをクリック▶

※お神輿の巡行場所と時間がわかります。

八雲祭前夜万灯行進巡行路

令和六年度版・八雲祭前夜万灯行進巡行路

詳細についてはこちらをクリック▶

※万灯行進の巡行場所と時間がわかります。

奉納提灯の協賛

奉納提灯価格

●提灯奉納~令和六年度の奉納はお問い合わせください

御奉納いただき有難うございました。
企業様・自営業者様・個人様のお名前の入った大型提灯が、お祭り前の約10日間掲げられます。(夜間点灯致します)

①神社境内の青梅街道沿い(大型・小型提灯)

②境内拝殿前にも大型提灯

◎提灯奉納者のお名前は社報特別号に掲載(約30,000部)地域の新聞折り込み又は、ポスト投函を致します。

◎当該ホームページにも写真を長期掲載致します。(画面をスワイプすれば、お名前もしっかり見えます)

※提灯奉納~今年度の受付は終了いたしました。

電話:042-341-0407

<令和六年度・奉納提灯の様子>

※画像タッチで大きく表示できます。

奉納提灯境内日中境内奉納提灯日中の様子
奉納提灯青梅街道青梅街道沿い奉納提灯日中の様子
奉納提灯青梅街道(令和五年度)青梅街道沿い奉納提灯夜間点灯の様子

令和五年・八雲祭ギャラリー(写真館)

神輿渡御01

八雲祭写真ギャラリー1【66枚】

◎新規タブで開きます◎(ここをクリック)

※表示までに時間がかかる場合がございます。

神輿渡御02

八雲祭写真ギャラリー2【55枚】

◎新規タブで開きます◎(ここをクリック)

※表示までに時間がかかる場合がございます。

神輿渡御03

八雲祭写真ギャラリー3【60枚】

◎新規タブで開きます◎(ここをクリック)

※表示までに時間がかかる場合がございます。

神輿渡御04

八雲祭写真ギャラリー4【50枚】

◎新規タブで開きます◎(ここをクリック)

※表示までに時間がかかる場合がございます。

   

↑ PAGE TOP