小平神明宮

御由緒

御由緒・小平神明宮の紹介

朱印

小平神明宮鎮座の由緒

今から三五〇余年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年、私達の祖先はこの地に最初の鍬を入れました。この辺りは富士箱根火山帯の噴火による火山灰(関東ローム層)が幾重にも推積し、古歌にも『行く末も空もひとつの武蔵野に草の原より出ずる月かげ』(後京極摂政大政大臣)と詠まれ『逃げ水の里』とも云われる程水利に乏しい、生活に過酷な不住の土地でありました。

未知の土地に移り住む人々の守護神として、明暦二年の開拓願いとともに神明宮勧請の願いが出され、五年後の寛文元年(一六六一)に、西多摩郡殿ヶ谷村(今の瑞穂町)鎮座の延喜式内社(平安時代以前からの古社)阿豆佐味天神社(アズサミノアマツカミノヤシロ)の摂社、神明ヶ谷の小高い山の中腹の神明社から分祠遷座されました。

荒地の開墾は難儀を極めましたが、「小川村の開拓」はいくつかの歴史的諸条件が合致して事業が順調に進んだ典型として紹介されています。この成功の一要因に、開拓事業を推進した人々に篤い敬神の心があったことも加筆されるべきと思います。

小平神明宮の神様

 
境内

天照皇大神(アマテラススメオオカミ)

正面の御本殿にお祀りしております中心の神様は「天照皇大神(アマテラススメオオカミ)」で、伊勢神宮の神様と同神です。日の大御神と仰がれ、御神徳は太陽の恵みに例えられ、万物の生成発展に欠くことの出来ない御恵沢を日夜の別無く、分け隔て無く広く豊かに与えて下さっております。

御本殿には、ほかにも神様が祀られております

御本殿にはほかに、天満宮、天王宮、愛宕社が相殿として祀られております。

東殿の神様

八雲神社、春日神社、八幡神社が祀られております。

西殿の神様

稲荷神社、秋葉神社、熊野神社、白山神社が祀られております。

境外社

中島町には一の宮神社が祀られております。

○合わせて十二社、十五座の神々を総称して「小平神明宮」と申しております。

小平神明宮の境内

 
参道

長い参道に武蔵野の歴史

青梅街道から鳥居をくぐり100m余りの厳かな長い参道には、武蔵野特有の欅・榎・椋などの広葉樹が聳えています。奥多摩に生息する鳥も境内にやってきます。武蔵野の土地に合った樹種としてかつては一般的であったこの風景も、近年稀となってしまいました。

神の坐します神域として、それ以前に人類と自然の共存の証しとして、地域の方々のご理解とご支援を得て、この杜は何としても後世に伝えていきたいものと念じています。

また境内には昭和三九年創立の小平神明幼稚園が在ります。童心神に通ず。境内に日々子ども達の遊び声が聞こえる、三多摩には数少ない神社の景観をつくっています。

新しい時代の神社

令和になり、小平神明宮は御鎮座三六〇年を迎えようとしております。平成十二年には、御鎮座三四〇年を記念して新し大御神輿が奉納されました。このお神輿は「大祭委員会」の総指揮のもと、毎年四月の末に、氏子区域の隅々13.5kmを多くの方々の肩に担がれて巡行渡御いたします。この日は、氏子区域全体が賑やかな祭風景一色となります。

中島町には一の宮神社が祀られております。

一年間の四季折々の様々なマツリを通して、”新しい時代の地域社会における人々の心の拠り所としての新しい神社の姿”を地道につくり出していくことが肝要と考えております。

お問合せ

ご祈祷

ご祈祷

ご祈祷は個人やご家族、また団体の方から、お申し出に応じて随時ご奉仕を承っております。

皆様のお願い事をご神前にお届けします。神恩感謝、家内安全、身体健全、商売繁盛、事業繁栄、安産祈願、お宮参り学業成就、交通安全、厄祓い、除災招福、心願成就、病気平癒など

<ご予約・お問合せ>社務所 : 042-341-0407

電話受付:9時〜18時

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP

更新情報・お知らせ

R2 /3/15
ホームページを一部リニューアルしました。